各種調査

2014年09月01日

派遣先担当者調査

<調査概要>

■調査目的
派遣社員(および他の雇用形態の従業員)を「評価する側」の意識と実態を把握すること。

■調査手法
インターネット調査

■調査期間
2014年3月14日~2014年3月17日

■対象者条件
・従業員数50人以上の法人の正社員・正職員または役員・経営者
・派遣社員が同じ部署内に勤務しており、派遣社員についての「受入」「教育」「評価」いずれかを担当している

■有効回答数
715


<コンテンツ>

○派遣社員の活用状況
 ・回答者の属性
 ・部署内の従業員数と派遣社員数、勤務先の業種と部署内の派遣社員数

○期待する行動レベル(1)
 ・雇用形態別にみる、求められる行動レベル
  (「人の話の聴き方」「仕事を任されたときの行動」「報告・連絡・相談の仕方」
   「仕事をするときの感情コントロール」)
 ・派遣社員の自己評価との比較

○期待する行動レベル(2)
 ・派遣社員の担当職域別にみる、求められる行動レベル
  (「人の話の聴き方」「仕事を任されたときの行動」「報告・連絡・相談の仕方」
   「仕事をするときの感情コントロール」)

○必要な能力・スキル
 ・雇用形態別にみる、必要な能力・スキル
  (「主体性」「実践力」「変化対応力」「仕事に必要な専門知識」「計画立案力」「課題発見力」)
 ・派遣社員の担当職域別にみる、必要な能力・スキル

○評価と処遇
 ・評価制度・支援の実施状況
 ・派遣社員を処遇向上させたいとき
 ・派遣社員の契約社員/正社員化に必要な「行動・能力・スキル」(自由回答)

○派遣会社に求めるもの
 ・派遣会社に求めるもの
 ・部署内の派遣社員数別にみる、派遣会社に求めるもの


詳細は下記のPDFをご覧ください
  ↓↓↓