各種調査

2018年02月16日

求職者の動向・意識レポート(シニア編/若年層編/既婚女性編)

2017年に実施した「求職者の動向・意識調査 2017」より、特に60歳以上のシニア層、35歳未満の若年層、既婚女性に注目して、それぞれ結果をまとめました。採用ターゲットとされることも多い各層の特徴を、1. 回答者プロフィール、2. 仕事探しの実態、3. 仕事探し当時の就業実態、4. 探した仕事の就業条件 の4パートに分けて見ていきます。

<調査概要>
■調査名 :求職者の動向・意識調査2017
■調査目的:労働市場における求職者の就業実態および意識を明らかにする。また、付加的に未就業者(専業主婦/主夫など)の求職実態および意識を明らかにする。
■調査手法:インターネット調査(インテージ社モニター利用)
■調査期間:2017年9月11日(月)~9月15日(金)
■対象者条件
 ・全国15~69歳の男女
 ・最近1年間に仕事探し経験あり(新卒以外)
 ・現在および仕事探し当時の職業がアルバイト・パート、契約社員、派遣社員、正社員、専業主婦/主夫、無職・定年退職のいずれか
■有効回答数:19,287人(ウエイトバック集計)