各種調査

2018年09月28日

学び直しに関する調査

<主な調査結果>

<就業者編>
■就業者の4人に1人、25.8%が最近1年以内に何らかの学び直しに取り組んでいる。その理由は「能力を向上させるため」や「自分の視野を広げるため」が上位にあがった。(P5~7)

■学び直しをしていない理由は「費用がない」33.9%と「今のままでいいと思っている」34.5%が同程度。(P10)

■学び直しについて「とても必要だと思う」人の50.0%は「現在の仕事でもっと成果をあげたい」と今後の仕事にも意欲的な様子がうかがえる。(P15)

<専業主婦・無職編>
■学び直しすることについて、これから「働きたい」人の29.7%が「とても必要だと思う」と回答。(就業者全体の21.6%よりも多い※就業者編参照)(P3)

■「働きたい」人の15.8%が最近1年以内に何らかの学び直しに取り組んでいる。その理由は「能力を向上させるため」や「免許・資格の取得のため」が上位にあがった。(P4~5)

■これから「働きたい」が学び直しをしていない人の理由は、「費用がない」のほかにも「何かしたいと思うが、何をしたらよいのかわからない」も3割を超えている。(P7)

<調査概要>

■調査目的
・学校卒業後の学び直しに関する状況の把握
・学び直しのきっかけや阻害要因の考察

■調査手法
インターネット調査

■対象者条件
・全国 20~69歳の男女
 年齢(10歳刻み)×性別に10セルで割付回収

■調査期間
2018年3月23日(金)~3月25日(日)

■有効回答数
1,800人