各種調査

2019年11月26日

[業界別レポート]働く人と職場/業界イメージレポート 2019(ホテル・旅館編)

「[業界別レポート] 働く人と職場 2019」および「業界イメージレポート2019」は、特定の業界で働く人の意識やイメージについて、個人に調査した結果をまとめています。2015年・2018年調査より対象業種を増やし、調査を行いました。本レポートはホテル・旅館業を対象としたものです。
ホテル・旅館業界全体に共通する魅力、より高められる魅力を理解する手がかりとしてご活用ください。

<目次>

「業界別レポート 働く人と職場2019」
回答者プロフィール
まとめ ―それぞれの上位5項目―
1. 仕事の選択理由
2. 仕事を継続する理由
3. 離職の理由/必要を感じる改善点
4. 意向・非意向の理由
【参考】 勤務時間

「業界イメージレポート2019」
回答者プロフィール
A. 就業者とB. 離職者
正社員と正社員以外
C. 意向者とD. 非意向者

調査名  特定業種に関する調査2019
調査目的 求人と求職の需給ギャップがある特定業種における、労働者の実態を把握し、 今後解決策を模索する上での基礎資料とすること。
調査方法 インターネット調査(クロス・マーケティング社モニター利用)
調査期間 2019年3月27日(水)~3月31日(日)
調査対象 20~59歳までの男女(全国)

-「A. 就業者」現在、対象業種に従事している人
-「B. 離職者」過去に対象業種に従事したことがある人
-「C. 意向者」これまで対象業種に従事したことがない、かつ対象業種での就業意向がある人
-「D. 非意向者」これまで対象業種に従事したことがない、かつ対象業種での就業意向がない人

調査ダイジェスト

仕事の選択理由 就業者の上位5項目(「[業界別レポート]働く人と職場 2019」ホテル・旅館編 p.3)

ホテル・旅館で働いている就業者に、現在の仕事を選んだ理由を聞くと、「通勤の利便性がよい」「転勤がない」「家から近い」といった勤務場所に関するものが上位に多い。「お客様から感謝される」や「職場の雰囲気、居心地がよい、よさそう」も上位にあがっている。

gyoukaihotel01.png

離職の理由 離職者の上位5項目(「[業界別レポート]働く人と職場2019」ホテル・旅館編 p.3)

以前はホテル・旅館で就業していたが現在は辞めている離職者の離職理由でもっとも多いのは、「給与・収入があがらない、上がる見込みがなさそうなため」だった。「仕事内容が体力的にきついから」「休日が少ないから」といった労働負荷の高さも理由にあげられた。

gyokaihotel02.png

業界イメージ A. 就業者と B. 離職者(「業界イメージレポート 2019」ホテル・旅館編 p.3)

現在就業者にホテル・旅館のイメージを聞くと、「多くの人と交流できる仕事だ」「人から感謝される仕事だ」「仕事にやりがいがある」とポジティブなものが上位にあがった。ただし「給与水準が低め」「体力的にきつい仕事が多い」も上位になった。過去にホテル・旅館で働いていた離職者がもつイメージは、「多くの人と交流できる仕事だ」「人から感謝される仕事だ」「体力的にきつい仕事が多い」など。離職者の方がポジティブな面もネガティブな面も強く感じているようだ。

image03.png

業界イメージ C. 意向者と D. 非意向者(「業界イメージレポート 2019」ホテル・旅館編 p.7)

意向者のホテル・旅館に対するイメージは「多くの人と交流できる仕事だ」「人から感謝される仕事」など5項目中4項目がポジティブなイメージ。就業者と共通しているものが多い。非意向者にホテル・旅館のイメージを聞くと、「体力的にきつい仕事が多い」「精神的にきつい仕事が多い」などネガティブなものがあがる一方で「多くの人と交流できる仕事だ」もあがった。

image4.png
調査結果の詳細はこちらのPDFをご覧ください
※ 無料でダウンロードできます。
    

関連するレポート