各種調査

2020年08月05日

アルバイト・パート募集時平均時給調査レポート―2020年前半・新型コロナウイルスの影響―

本レポートは、月次で発表している「アルバイト・パート募集時平均時給調査」について、新型コロナウイルスの影響に注目して、2019年12月~2020年6月の結果をまとめたものです。
「アルバイト・パート募集時平均時給調査」では、当社が企画運営する求人メディア 『TOWNWORK』 『fromA navi』に掲載された求人情報より、アルバイト・パートの募集時平均時給を集計しています。
アルバイト・パート募集時平均時給は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2020年4月以降は大きな変動がありました。6月には影響がやや和らぎ、今後どのような動きになるか注視されます。

調査ダイジェスト

長期的な推移(p2)

アルバイト・パート募集時平均時給(三大都市圏・職種計)は、季節変動はありつつも上昇を続けていましたが、新型コロナウイルスの影響を受け、2020年4月以降は大きな変動がありました。しかし6月には影響がやや和らぎ、今後どのような動きになるか注視されます。

heichinn_repo01.png

「販売・サービス系」「フード系」「製造・物流・清掃系」で特に影響大

販売・サービス系……サービス職で影響大。4月・5月の前年同月増減率がマイナスになるも、6月はプラスに(p.4)
フード系………………5月の前年同月増減率がマイナス、特に首都圏で低下。関西はプラスを維持(p.5)
製造・物流・清掃系…前年同月増減率プラスに留まるも低下し、横ばい(p.6)

heichinn_02 (2).png

「事務系」「営業系」「専門職系」はエリアによって異なる動き

事務系……首都圏変わらず、東海・関西で前年同月増減率が大きく低下(p.7)
営業系……テレフォンアポインターの平均時給が上昇(p.8)
専門職系…介護関連などで平均時給が上昇(p.9)

heichinn_03.png
調査結果の詳細はこちらのPDFをご覧ください
※ 無料でダウンロードできます。