各種調査

2017年10月30日

求職者の動向・意識調査2017 基本報告書

<調査概要>

■調査目的
労働市場における求職者の就業実態および意識を明らかにする。また、付加的に未就業者(専業主婦など)の求職実態および意識を明らかにする。

■調査手法
インターネット調査(インテージ社モニター利用)

■調査期間
2017年9月11日(月)~9月15日(金)

■対象者条件
・全国15~69歳の男女
・最近1年間に仕事探し経験あり(新卒以外)
・現在および仕事探し当時の職業がアルバイト・パート、契約社員、派遣社員、正社員、専業主婦/主夫、無職・定年退職のいずれか

■有効回答数
19,287人(ウエイトバック集計)

<目次>

■Part1 回答者プロフィール [p3~11]
性別、年齢、居住地、仕事探し当時の職業、現在の職業、週あたり労働時間、婚姻状況と同居家族、世帯年収、仕事の目的

■Part2 仕事探しの実態 [p12~21]
最近1年間の仕事探し経験、仕事探しをした理由、新たな仕事の決定状況、仕事探しにかけた期間、新たな仕事が決まらなかった理由、利用した求人情報源、応募につながった求人情報源、採用(内定)につながった求人情報源、今後利用したい求人情報源

■Part3 仕事探し当時の就業実態 [p22~34]
仕事探し当時の契約内容(勤務地の限定・仕事内容の限定・勤務時間の限定・期間の限定)、業種、職種、勤務日数、勤務時間、通勤時間、時給、個人年収、仕事の満足度

■Part4 探した仕事の就業条件 [p35~47]
探した仕事の就業形態、契約内容(限定の種類)、業種、職種、避けていた職種、勤務日数、勤務時間、通勤時間、時給、年収、仕事を探した時の重視点

■Part5 契約期間(追加調査) [p48~55]
仕事探し当時の契約期間、契約更新の可能性、契約期間の上限、勤続期間、離職のタイミング、探した仕事の契約期間、勤続期間、現在している仕事の数

詳細はこちらのPDFをご覧ください