各種調査

2018年08月22日

<学生版>求職者の動向・意識調査 2018

<主な調査結果>

■就業意向 → p.6
在学中の今後の就業意向を聞くと、「ぜひ働きたい」が約半数、「働いてもよいと思う」が3割弱、「できることなら働きたくないが、働くしかないと思う」が約1割だった。特に大学生等の女性は、「ぜひ働きたい」が5割を超えている。

■仕事の目的 → p.7
仕事の目的を聞くと、「自由に使えるお金(小遣い)の確保のため」が最も多く、64.9%だった。次いで「生計の維持のため」が約4割で、特に大学生等で割合が高くなっている。金銭面以外では、「自分が成長するため」「視野を広げるため」などが上位にあがった。

■最近1年間の仕事探し経験(新卒以外) → p.7
最近1年間(2017年4月~2018年3月)に新卒以外の仕事探しをした経験があるのは、回答者全体の26.8%。大学生等では28.4%、高校生では22.7%だった。

■探した仕事の職種(小分類) → p.15
希望した職種を見ると、上位3項目は、大学生等、高校生どちらも「コンビニ・スーパー店員」「ホールスタッフ(飲食店のウェイター・ウェイトレス)」「ファーストフード店店員」だった。大学生等では「塾講師、家庭教師、採点、通信教育」や「一般事務、スタッフ職」が上位に入るのが特徴的といえるだろう。

■1年以内の就業状況 → p.19
仕事探しをしなかった人を含めた全員に、 最近1年(2017年4月~2018年3月)でアルバイト・パートなどの仕事をしたことがあるかを聞くと、大学生等の約8割、高校生では5割弱が「ある」との回答だった。

■1年以内の仕事の満足度 → p.24
仕事への満足度は、多くの項目で「とても満足していた」または「まあ満足していた」とした割合が約7割にのぼった。アルバイト・パートをしている学生は事前にイメージしていた働き方ができている場合が多く、満足度が高いのではないだろうか。

<調査概要>

■調査目的
・労働市場における学生アルバイト・パートの就業実態および意識を明らかにする
・学生のアルバイト・パートに関する求職実態および意識を明らかにする

■調査手法
インターネット調査(インテージ社モニター利用)

■対象者条件
・全国 15~29歳の男女
・現在の職業が 大学院生、大学生(昼間)、大学生(夜間)、短大生、予備校生、専門学校・各種学校生、高校生 のいずれかの人
※高校生以外を「大学生等」として集計した。

■調査期間
2018年3月29日(木)~3月31日(土)

■有効回答数
3,261人

詳細はこちらのPDFをご覧ください